更新情報 : 続・食べ物がなくなる!?

投稿日時: 2007年12月14日 19:05 (391 ヒット)

ホームページが中断する前に書かせていただいた、
”食べ物がなくなる!?”
がだんだん現実的になってきました。
どこが?と思われる方がほとんどかと思います。
でも実際その足音はどんどん近づいているのです・・・

最近、食品の値上がりが多いなぁ。
そう思う方は間違いなく多いはずです。これが食品が減っていく第一歩かもしれないのです。

弊社は中国やタイなどいくつかの国から加工食品を輸入しています。
しかし、最近こちらの要望する価格提示が受け入れられる事はほとんど無くなってきているのです。
原因としては様々な事象が考えられます。

・昨今日本国内を揺るがしている食の安全性を追及するあまり、世界的な見地からすると厳しすぎる日本の検査制度が敬遠され始めた。

・中国やロシアなど国全体が豊かになり始めた国民の、食糧消費量が増大してきた。

・国内の流通価格が上昇しないため低価格でのオファーしかできない日本より、有利な条件提示をする諸外国に優先して販売してしまう。

現在の日本の自給率は先進国各国と比較しても相変わらず低いままである為、上記の傾向が強まれば、
価格はどんどん上がっていき、最後には入手すら困難になっていくでしょう。

安全性の担保の確保と食料そのものの確保のバランスをどう考えるか、
自給率を上げるための農産・畜産従業者の育成に対し国としてどう方針を立てていくのか、
考えるよりすぐにでも動かなければならない時期に差し掛かっているのではないでしょうか?

”昔はお腹いっぱい食べれたってホント?”
今の子供たちが大人になったとき、彼らの子供たちからそんな質問をされる時代が来るかもしれない・・・怖いですね。